トップページ商品カテゴリお支払・配送について運営者の紹介新着情報お問い合わせよくある質問カートの中
商品カテゴリ
商品検索
キーワード
価格範囲
円〜


2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
             

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          


 

 

 



カタログダウンロード(PDF)

バイナルフェンスD.I.Y施工方法〜コンクリートブロック編〜

 バイナルフェンスの基本的な設置方法です。
コンクリートブロックや土間コンクリート、土間擁壁から立ち上げる場合など、アンカーを立てて設置する場合にご参考にしてください。

今回は奥行き30mのブロック塀の上にランチレール3を施工します。
ランチレールは5インチの柱を使用しますので、ブロックは最低12cmの幅が必要です。4インチの柱の商品ですと10cm幅のブロック塀でも施工可能です。






まずはじめに、フェンスの高さを決めます。決まりましたら鉛筆で印をつけます。





次に柱を切断するために,切り墨を4面に引きます。1本墨付けした柱ができましたら、残りの柱は並べて位置を書き写せば手早く済みます。





いよいよ切断に入ります。柱はのこぎりで簡単に切れます。まず墨を真上からにらみながら角を切ります。そしてのこぎりを角に入れたまま線を少し残す感じで手前に引いていきます。するとまっすぐに切断することができます。





もし丸鋸をお持ちでしたら、もっと手早く作業が進みます。




次はブロックにアンカーを打ちます。一番最初の柱の位置決めをして柱のセンターにチョークなどで印をつけてください。




ポストの中の参考画像です。



振動ドリルを使って穴を2箇所開けます。コンクリートドリルの刃は14.5mmを使用してください。穴を開ける位置はブロックを横から見て垂直方向に開けてください。でないとフェンスを取り付ける際に柱の中でアンカーと差し込んだレールがぶつかります。





D10のワンタッチアンカーを打ちます。金槌で叩けば先が開いて抜けなくなる仕組みとなっています。





横方向にも荷重がかかるように、アンカーを番線できつく縛ります。





アンカーを打ったら柱を被せていきます。





一番下のレールを差し込む際、レールの中にモルタルが入ってこないようにガムテープなどで蓋をしておきます。また、ランチレールフェンスは必要ありませんが、ピケットフェンスは、構造上ボトムレールに水がたまりやすいので、あらかじめセンターの位置に水抜き用の穴を開けておきましょう。





レールには一度差し込んだら抜けないようにノッチング加工がされています。レールを差し込む際は慎重に作業してください。





ポストと一番下のレールが設置されました。残りの2段のレールをすべて設置します。






モルタルを練る前に柱を垂直に固定します。風が強い日の施工は、揺れて柱とブロックが接着されないことがありますので、控えてください。






モルタルを練ります。




スコップで柱の中にモルタルを20-30cmほど入れます。あまり高く入れすぎるとブロックに負担がかかり、根元から折れやすくなります。十分ポストに柔軟性を持たせ、衝撃をポストのしなりで吸収できるように施工してください。




水平器で垂直を確認します。





モルタルが固まるまでしっかりと固定しましょう。





モルタルが固まりましたら、染み出たモルタルの跡を布やヘラでふき取ります。





最後にキャップに市販のボンドを塗ってポストにはめ込みます。普通のゴムボンドでかまいません。





完成です。上から見てまっすぐに設置されていることがわかります。





気持ちの良い白いフェンスがメンテナンスフリーでおうちを引き立てます。